メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中学

「考え、議論する道徳」へ 検定細かく、教科書厚く

 中学校で2019年度に正式教科となる道徳の教科書は8社の8点が検定に合格した。学習指導要領が定めた「内容項目」は昨年検定があった小学校よりも細かく、全てを詰め込んだ結果、ページ数も増えた。分厚くなった教科書が、文部科学省が掲げる「読む道徳」から「考え、議論する道徳」への転換を妨げる恐れもある。

 中学校の内容項目は22ある。小学校低学年は19項目で、記述も「友情・信頼」は「友達と仲よくし、助け合うこと」と単純。高学年は同じ22項目だが、中学の記述は長く、詳細になっている。

 日本教科書の1年の教科書には「節度・節制」の項目に関する記述が足りないとして修正を求める意見が付い…

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです