性的少数者

6割いじめ被害 三重で高校生1万人調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 性的少数者の高校生の約6割がいじめを受け、約3割に自傷経験があるとの研究結果を、三重県男女共同参画センターと日高庸晴・宝塚大教授がまとめた。現役高校生対象の調査としては最大規模で、一般的な性別規範と異なることがいじめにつながりやすいと考えられるという。

 2017年10~12月、三重県内の高校2年生に無記名のアンケートをし、約1万人(回収率90%)から回答を得た。うちトランスジェンダーや同性愛者、自分の心の性を「分からない」などとした全体の約1割を、性的少数…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

あわせて読みたい

ニュース特集