メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者

6割いじめ被害 三重で高校生1万人調査

 性的少数者の高校生の約6割がいじめを受け、約3割に自傷経験があるとの研究結果を、三重県男女共同参画センターと日高庸晴・宝塚大教授がまとめた。現役高校生対象の調査としては最大規模で、一般的な性別規範と異なることがいじめにつながりやすいと考えられるという。

 2017年10~12月、三重県内の高校2年生に無記名のアンケートをし、約1万人(回収率90%)から回答を得た。うちトランスジェンダーや同性愛者、自分の心の性を「分からない」などとした全体の約1割を、性的少数…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです