メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

当時の医師「行政主導」 三重県聞き取り

 旧優生保護法(1948~96年)に基づく障害者らへの強制不妊手術について、三重県は28日、当時の担当職員や医師らを対象に独自に進めていた聞き取り調査の結果を公表した。「優生手術のため診断書を書いてほしいと行政の方に依頼されて何度か書いた。病院が積極的に手術を促したことはない」と、元医師は行政主導を指摘。一方で「行政主導で申請を促したことはない」とする元県職員の保健師の証言もあった。

 調査は実態解明のため、50年代後半~80年代後半に県立病院や保健所に勤務した元医師・看護師と、県に…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです