特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

選抜高校野球

「チェンジアップに自信なく」慶応・生井

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【彦根東-慶応】 八回表彦根東2死一、三塁、高内(奥)に左越え3点本塁打を許し、打球の行方を見る慶応の生井=阪神甲子園球場で2018年3月28日、猪飼健史撮影 拡大
【彦根東-慶応】 八回表彦根東2死一、三塁、高内(奥)に左越え3点本塁打を許し、打球の行方を見る慶応の生井=阪神甲子園球場で2018年3月28日、猪飼健史撮影

 ○彦根東(滋賀)4-3慶応(神奈川)●(2回戦・28日)

 慶応・生井惇己(なまい・じゅんき)投手(3年)

 左翼スタンドに向かった打球の行方を最後まで見つめた。逆転3ラン。思わず天を仰いだ。

 1点のリードを奪った直後の八回2死一、三塁、打席に彦根東の6番・高内を迎えた。カウント2-2。捕手・善波のチェンジアップの要求に首を振った。冬場から磨いてきた、一番自信のある内角直球を選択した。少し浮いたところを捉えられた。「チェンジアップのコントロールに自信がなく、捕手を信じ切れなかった」

 関東ナンバーワン左腕の呼び声が高く、昨秋の公式戦は54回余りを投げて61三振を奪った。だが、この日は一回からスライダーが決まらず、他の変化球も見極められた。終盤は下半身の踏ん張りが利かず、球威が落ちた。

 茨城県出身だが、伝統の「エンジョイ・ベースボール」に憧れて慶応に入学した。「甲子園は簡単に勝たせてくれない」。チームを9年ぶりの大舞台に導いたエースも、全国のレベルの高さを実感した。【佐野優】

次に読みたい

あわせて読みたい