特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

選抜高校野球

逆転3ランは捕手の読み 彦根東・高内

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【彦根東-慶応】八回表彦根東2死一、三塁、高内が左越え3点本塁打を放ち、拳を上げる=阪神甲子園球場で2018年3月28日、猪飼健史撮影 拡大
【彦根東-慶応】八回表彦根東2死一、三塁、高内が左越え3点本塁打を放ち、拳を上げる=阪神甲子園球場で2018年3月28日、猪飼健史撮影

 ○彦根東(滋賀)4-3慶応(神奈川)●(2回戦・28日)

 彦根東の高内が値千金の一発を放った。八回に相手投手の生命線の内角直球をうまくさばくと、打球は左翼ポール際に飛び込む逆転3ランになった。「相手投手がサインに首を振ったので、自信のある球が来る」と捕手らしい読みだった。第2打席以降は振り遅れないように、4センチ短いバットに替えたことも奏功した。不調で打順を本来の4番から6番に下げられて3安打。「最高の気分です」と破顔した。

次に読みたい

あわせて読みたい