特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

選抜高校野球

また一つ「宿題」 おかやま山陽・井元

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【乙訓-おかやま山陽】一回裏おかやま山陽2死三塁、井元が左越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月28日、久保玲撮影
【乙訓-おかやま山陽】一回裏おかやま山陽2死三塁、井元が左越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月28日、久保玲撮影

 ○乙訓(京都)7-2おかやま山陽(岡山)●(2回戦・28日)

おかやま山陽・井元将也三塁手(3年)

 打球は左翼フェンスをぎりぎりで越えた。一回に放った先制の2点本塁打。「詰まったので、入るとは思わなかった」。一塁ベースを回ったところで大歓声に包まれると、ようやく拳を突き上げた。

 2年生だった昨夏の甲子園でも4番を任された。聖光学院(福島)との1回戦で3打数無安打に終わり、チームも敗れた。特に一回2死三塁の好機で三振に倒れたことは、はっきり覚えている。この日の第1打席は夏と同じ状況だった。「打てば、成長」。自らに言い聞かせて打席へ。1ボールから甘く入って来たスライダーを、一振りで仕留めた。

 しかし、2打席目以降は凡退し、この冬から転向した三塁守備では2失策。2度目の甲子園で、またも初勝利には届かなかった。試合後は「課題ばかり。まだまだ全国の舞台で戦うには力不足」と声を絞り出した主砲。甲子園からまた一つ、「宿題」を出された。【倉沢仁志】

次に読みたい

あわせて読みたい