特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

選抜高校野球

緻密な対策で大量点 近江

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【松山聖陵-近江】二回裏近江2死一、二塁、木村が左前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月28日、猪飼健史撮影 拡大
【松山聖陵-近江】二回裏近江2死一、二塁、木村が左前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月28日、猪飼健史撮影

 ○近江(滋賀)8-5松山聖陵(愛媛)●(2回戦・28日)

 低めのボール気味の厳しいコースを簡単に次々と打ち返した。近江の打線が二回、長身から投げ下ろす右腕・土居の長所を消し、攻略した。

 象徴的だったのが9番・木村。2死一、二塁、2ストライクからワンバウンドしそうな低めの143キロの直球を芯でとらえて左前へ運び、勝ち越しに成功した。さらに1点を追加した後、2番・中尾も低めの速球をはじき返して右前適時打にした。「いいところに投げたのに打たれ、弱気になった」と土居の戦意を喪失させた。

 188センチの長身右腕の攻略法は3点。まず事前の練習でマウンドにブロックの石を置き、その上に打撃マシンを載せて角度のある球筋を打ち込んできた。二つ目はゾーンを絞り、ベルト付近から下の球を狙うことをチームで徹底した。最後は各自でひと工夫。マウンドの高さを含めて2メートルを超える相手と対峙(たいじ)すると、目線が上がってアッパースイングになる。それを防ぐため、木村は「足を上げると、あごが上がるためすり足で打った」といい、中尾は「ヘルメットを気持ち深めにかぶり、高めを振らないようにした」と明かす。

 「近江ブルー」のユニホームと同じように鮮やかな攻めで大量点。その裏には琵琶湖のように深い、緻密な対策があった。【安田光高】

次に読みたい

あわせて読みたい