メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

「即位礼」来年10月22日 5儀式、前回を踏襲 政府基本方針

 政府は30日午前、天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位に伴う式典準備委員会(委員長=菅義偉官房長官)の第3回会合を首相官邸で開き、基本方針を決めた。新天皇が即位を内外に宣言される「即位礼正殿の儀」を2019年10月22日に行う。新天皇が三権の長ら国民代表と会う「即位後朝見(ちょうけん)の儀」は即位日の19年5月1日に実施する。政府は4月3日に基本方針を閣議決定する。(4面に要旨)

 即位礼正殿の儀は、19年11月14、15日に予定される新天皇が国民の安寧などを祈る「大嘗祭(だいじょうさい)」までの日程に余裕を持たせるため、前回の11月12日から前倒しした。また即位後朝見の儀は前回、即位の2日後だった。今回は天皇の逝去を伴わないこともあり、天皇の地位は「国民の総意に基く」とする憲法の趣旨をふまえ、即位日に国民代表と会うのがふさわしいと判断した。

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1150文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです