特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

第8日 航空石川、逆転サヨナラ弾

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【明徳義塾-日本航空石川】九回裏日本航空石川無死一、二塁、原田が逆転サヨナラとなる3点本塁打を放つ=森園道子撮影 拡大
【明徳義塾-日本航空石川】九回裏日本航空石川無死一、二塁、原田が逆転サヨナラとなる3点本塁打を放つ=森園道子撮影

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

 (30日・阪神甲子園球場)

 3回戦3試合。第1試合はセンバツ初出場の日本航空石川が3番・原田の逆転サヨナラ3点本塁打で昨秋の明治神宮大会覇者の明徳義塾(高知)を破り、8強入りした。第2試合は18年ぶりのベスト8が懸かる国学院栃木と7年ぶりの8強を目指す智弁和歌山の顔合わせ。第3試合は2年前の覇者・智弁学園(奈良)と明治神宮大会準優勝の創成館(長崎)が激突する。

 ▽第1試合=3回戦

明徳義塾(高知)

  000000010=1

  000000003=3

日本航空石川(石川)

 明徳義塾は初戦に続きエース右腕の市川、日本航空石川は背番号10の左腕・杉本が先発した。両チームとも五回まで無得点。

 日本航空石川は六回1死一、三塁の好機を作ったが、後続が倒れた。日本航空石川は八回1死二塁のピンチで2番手・大橋に継投。明徳義塾は藤森の左前打で1死一、三塁とし、暴投で1点を先取した。

 日本航空石川は九回無死一、二塁から原田が左翼席へ逆転3ランを放ち、サヨナラ勝ちした。

 ▽第2試合=3回戦

智弁和歌山がリード

 国学院栃木は水沢、智弁和歌山は平田の両右腕が先発した。

 智弁和歌山は一回、林の左越え2点三塁打と敵失で4点を先取した。

 智弁和歌山は二回、神先、西川の連続長短打で1点を加えた。

 智弁和歌山は三回、2番手で登板した国学院栃木・渡辺から神先が三塁適時内野安打を放って1点を追加した。

 智弁和歌山は五回1死二、三塁、林の二ゴロで1点を加えた。

動画で部員紹介

 ○…国学院栃木(栃木)の応援団が乗る地元・栃木市からのバスの中では、野球部員の紹介や応援方法をまとめたオリジナル動画が流されている。長さは約30分で、野球部に親しみを感じて、アルプス席での応援をより楽しいものにしてもらおうと、三浦純コーチ(26)らが作製した。見どころは選手一人一人からのメッセージ。応援部の柏崎香花部長(3年)は「選手の個性が分かれば、それだけ応援に気持ちがこもります」。

次に読みたい

あわせて読みたい