メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

散歩日和

波佐見焼(長崎県波佐見町) 作り手育む穏やかな時間

煙突がいくつも並ぶ「陶郷・中尾山」=長崎県波佐見町で、玉木達也撮影

 高級なイメージの磁器を日常的に使えるものにした「波佐見(はさみ)焼」。最近は「カジュアルリッチ」をセールスポイントに手軽でおしゃれな日用食器として、若者からの人気も集める。大阪とも縁が深い波佐見焼の産地、長崎県波佐見町を訪ねた。

 波佐見焼は約400年前、大村藩主が朝鮮半島から陶工を肥前地方に連れて帰り、焼き物作りを始めたのが起源とされる。

 大阪とのつながりは江戸時代、重要な交通手段だった淀川の三十石船が関係する。当時、この船の客を目当て…

この記事は有料記事です。

残り1144文字(全文1365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. ORICON NEWS クミコ「妻が願った最期の『七日間』」著名人26人から共感の声 大竹しのぶ、井上芳雄、谷川俊太郎ら

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです