九州新幹線

長崎ルート 与党検討委、夏までに結論 「フル規格優位」国が報告

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)を巡り、国土交通省は30日、全線フル規格で整備した場合に費用対効果が最も優位になるなどとする試算結果を、与党の整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)の検討委員会に報告した。検討委は4月にも長崎、佐賀両県やJR九州から意見を聞き、今夏ごろまでに整備方針について一定の結論を出す方針。

 国交省によると、フル規格など三つの整備手法について、費用対効果や整備費用などを試算した。「1」を上回ると投資に見合うとされる費用対効果は、フル規格「3・3」、ミニ新幹線「2・6~3・1」となった。整備後の収支改善効果も現行の在来線特急と比較した場合、フル規格が最も高くなった。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文695文字)

あわせて読みたい

ニュース特集