メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

伊沢史朗・双葉町長 「戻れる場所」つくる 廃炉施設誘致で雇用を /福島

避難先のいわき市で続く「双葉ダルマ市」。来年は町外拠点の災害公営住宅に移る見込みだ=いわき市南台の南台仮設住宅で

 --復興への取り組みの現状は。

 他の市町村よりスタートが遅れ、苦労してきたが、ようやく背中が見えるくらいには追いついてきた。それでも、今年度の町民意向調査では「戻りたいと考えている」(11・7%)、「戻らないと決めている」(61・1%)がともに減るなど複雑だ。全町避難が続くのはやはり重荷。7年もたてば、気持ちが切れて戻る気にならない人も大勢いる。

この記事は有料記事です。

残り1183文字(全文1358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです