メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力見つけ隊

筑波山ろくのイチゴ園 ゆっくり食べごろ味わえる /茨城

食べごろの実を手にする小辻孝輔さん=つくば市和台原で

 春の陽気に誘われ、筑波山ろくにあるイチゴ狩り農園「つくばねファーム」(つくば市和台原)を訪ねた。約3300平方メートルのビニールハウスの中では真っ赤に熟したイチゴが鈴なりで、ほんのり甘い香りが漂う。長さ5センチを超えるつやつやの大粒の実もあり、子供たちが夢中でほおばっていた。

 同ファームは代表の小辻孝輔さん(34)が2008年にオープンした。完全予約制で、生育状況を見ながら毎日定員を調整しているので、来場者はゆっくりと食べごろの実を味わえる。ハウス内のベンチでは看板ネコが昼寝中。観光農園というよりも、親戚の農家に遊びに来たような雰囲気だ。

 それもそのはず。小辻さんが目指す農園は「おばあちゃんの家のようなところ」だという。なんとなく訪れて…

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  3. 人生は夕方から楽しくなる 作家 北方謙三さん 人間臭いキャラクター、どれも自分の分身

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです