特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

日大三、最後まで全力 看板打線、好機逃す /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日大三-三重】二回裏三重2死一塁、前出の二盗を阻止する日大三の日置航=阪神甲子園球場で、猪飼健史撮影
【日大三-三重】二回裏三重2死一塁、前出の二盗を阻止する日大三の日置航=阪神甲子園球場で、猪飼健史撮影

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

 第90回記念選抜高校野球大会第7日の29日、日大三(町田市)は三重(三重)に0-8で敗れ、2回戦突破を逃した。先発した井上広輝投手(2年)が六回に4安打を浴びて3点を失うなど、投手陣が攻略された。看板の打線は再三チャンスを作ったが、三重の堅守に得点を阻まれた。スタンドから声援を送り続けた日大三の応援団は、力を尽くした選手たちに「よくやった」「また頑張れ」というエールと拍手を送った。【蒔田備憲、佐藤英里奈】

 ▽2回戦

日大三

  000000000=0

  00000350×=8

三重

 序盤は息詰まる投手戦だった。先発は1回戦の由利工(秋田)戦で6イニングを投げ、無失点に抑えた井上投手。「打線を信じて一生懸命投げてほしい」。父研さん(49)の願いに応え、走者を背負いながらも粘り強く投げた。五回までを無失点で切り抜ける。

 井上投手の体をケアしている理学療法士の鈴木智さん(40)は「低めに球が行っている。このまま井上らしいピッチングを見せてほしい」と話した。

 守備陣も井上投手を支える。二回、斉藤龍二捕手(3年)が鋭い送球で、2度にわたり二盗を阻止。不安げな表情でグラウンドを見つめていた父弘一さん(50)は「ほっとした。いつも通り楽しく野球をやってほしい」。

 だが六回、先に主導権を握られた。三重の先頭打者が内野安打で出塁。「打ち取った当たりだったのに」。井上投手は、その気持ちを引きずった。武器の直球が甘いコースに入り、連続で長打を許すなど3点を奪われた。

 七回にマウンドに登った林玲介投手(3年)、河村唯人投手(同)も、相手打線の勢いを止められない。スタンドで声援を送っていた野球部の梅原英寿さん(2年)は「きっと挽回してくれる。上位打線につなげて、一気に追い付いてほしい」と祈るような表情だ。

 九回、先頭の日置航主将(3年)が右前打で出塁。一塁側アルプススタンドは勢いづき、この日一番の掛け声と吹奏楽部の演奏が響いた。しかし、後続が断たれ、ゲームセット。日大三ナインの「春」が終わった。

 選手たちが応援席に向けて脱帽すると、「夏だ!夏!」などと大きな声援が送られた。来月から日大三に進学する窪田りさ子さんは「すごく頑張っていて、良い試合だった」とたたえた。昨秋の東京大会でベンチ入りしながらセンバツ開幕直前に外れた石田拓海さん(2年)は「井上の姿に刺激を受けた。もっと強くなって、夏にもう一度戻ってきたい」と、甲子園のグラウンドを真っすぐに見つめた。

卒業生も演奏加勢

 ○……「行け行け!三高!」。日大三応援席では、約70人の吹奏楽部員に約15人のOB・OGが加わり、リズムに合わせ楽器を揺らして演奏した。都内から駆けつけた吹奏楽部の元主将、水谷萌乃さん(22)は「後輩の演奏に音を足して、野球部を後押ししたい」。現役メンバーで副主将の高橋清佳さん(3年)は「先輩が一緒で心強い。野球部がピンチの時に支えたい」と話し、アルトサックスで元気のいい音を鳴らしていた。

投打ともに活躍 日大三・中村奎太投手(3年)

 「絶対に抑えて、次の攻撃につなげるんだ」。八回裏、そう言い聞かせてマウンドに登った。二つの三振を奪うなど、三重打線を3者凡退に切って取る快投で、リズムよく九回表につなげた。

 エースナンバーを背負って乗り込んだ甲子園。先発に起用された1回戦の由利工(秋田)戦は三回まで無失点に抑え、打撃でも2安打と気を吐いた。

 三重戦の先発は譲ったが、先発出場し1安打。中堅の守備でも安打性の当たりを好捕し、チームに貢献した。

 昨春のセンバツはベンチ入りメンバーに選ばれながら、グラウンドには立てなかった。この春、成長した姿をスタンドの観客に見せることができたが、「もっともっと強くならないと」。敗戦後こう語り、副主将の責任感をにじませた。

 目標は、一つ先輩の桜井周斗投手(DeNA)。「桜井さんを超えるくらいレベルアップして、夏に帰ってきたい」。悔しさに震える声で、そう誓った。【蒔田備憲】

〔都内版〕

次に読みたい

あわせて読みたい