メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜競輪、動く

新たなファンを探して/上 収益回復へ「ミッドナイト」 財政貢献、漸減傾向でも昨年度3億円繰り入れ /岐阜

 岐阜市は2018年度、北九州市の小倉競輪場を借りて「ミッドナイト競輪」を初めて主催する。岐阜市の競輪事業は戦後、税収不足を補う稼ぎ頭の役割を演じてきた。新年度も事業収入から一般会計へ2億円の繰り入れを予定しており、市の「大切なお財布」と言える。一方でファンの高齢化やレジャーの多様化などを背景に収益は伸び悩みが続いている。真夜中の競輪事業のスタートを機に、岐阜競輪の軌跡をたどった。【高橋龍介】

 「競輪事業は、もうかっているのですか」「はい。大体、毎年2億~3億円を一般会計に繰り入れていると思…

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです