メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

沼津市長選 市長死去に伴う 頼重市議が出馬へ /静岡

 沼津市の頼重(よりしげ)秀一・市議会議長(49)が29日、大沼明穂市長の死去に伴う市長選(4月22日告示、29日投開票)へ出馬する意向を明らかにした。毎日新聞の取材に「市政を滞らせてはならない。議員秘書や市議として学び身につけたことを生かし、沼津市のために全身全霊を傾けたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  5. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです