特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

真剣味

センバツ 三重、流れ呼ぶ堅守 県勢6年ぶり春勝利 日大三降す /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日大三-三重】校歌を歌う三重の選手たち=いずれも阪神甲子園球場で、幾島健太郎撮影
【日大三-三重】校歌を歌う三重の選手たち=いずれも阪神甲子園球場で、幾島健太郎撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

 第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)第7日の29日、4年ぶり13回目出場の三重は2回戦で、2年連続20回目出場の日大三(東京)に8-0で完勝した。3打点の浦口輝(ひかる)右翼手(3年)ら打線は13安打を放ち、先発の定本拓真主将(同)は完封勝利を挙げた。県勢のセンバツ勝利は第84回大会で三重が初戦突破して以来6年ぶり。三重は第9日第3試合(31日午後1時半開始予定)の3回戦で、乙訓(おとくに)(京都)と8強進出を懸けて戦う。【森田采花、李舜】

 ▽2回戦

日大三

  000000000=0

  00000350×=8

三重

 青空が広がり、春の陽気を感じる中、三塁側アルプス席は真っ赤なジャンパーやタオルなどを身につけた約2300人の応援であふれた。36校中最後の登場を待ちわびていたかのように開始早々から大きな声援が飛んだ。

 春夏優勝3回の強打日大三相手に、先発の定本主将は「初回は無失点」との小島紳監督との約束を果たし、チームを落ち着かせた。母洋子さん(50)は「立ち上がりは心配だったが何とか抑えてくれた。ひとまず安心」と胸をなでおろした。

 互いに走者を出しながら得点できない、もどかしい展開が続いた。二回は二盗を2度阻止され、三回と五回に定本主将が併殺に仕留められるなど暗雲が漂った。

 だが堅守で流れを取り戻した。昨秋の公式戦では出番がなかったが成長を評価されてメンバー入りした小川尚人一塁手(2年)が四回、ライン際のライナーを好捕。その回は東亮汰捕手(3年)も強肩で二盗を阻止。その東捕手が六回も二盗を阻止して日大三の好機の芽をつむと、勢いづいた。

 その裏、1死二塁から浦口右翼手が内角の直球を振り抜き、均衡を破る先制の三塁打を放った。母里香さん(50)は「ここぞというときに大きなヒットを打ってくれた」と笑みを広げた。曲孝史朗二塁手(3年)が左中間への適時二塁打で続くなど、この回3点を先取した。

 七回は、この日3安打目の小川一塁手から5連続安打と暴投で5点を加えた。小川一塁手の父真治さん(48)は「いつも通りのバッティングをしてくれた。小学生以来の一塁手も好守備でうれしい」と活躍を喜んだ。

 打線の援護を受け、昨秋は調子を崩していた定本主将は長打を1本も許さぬまま完封勝利。県勢6年ぶりのセンバツ勝利に沸く中、定本主将の父博史さん(47)は「よくやった。次戦もがんばってほしい」とエールを送っていた。

赤の大応援団再び

 ○…2014年夏の甲子園で優勝した大阪桐蔭の西谷浩一監督に「三重の応援は脅威だった」と言わしめた「大応援団」が聖地に帰ってきた。三塁側アルプススタンドを赤く染め、得点時には校歌や「レッツゴー三重」を歌って選手たちを鼓舞した。14年夏の準優勝を見て、入部を決めたという応援部主将の沢口悠紀さん(2年)は「4年前に負けない応援で、野球部の勝利の力になりたい」と懸命に声援を送っていた。

〔伊賀版〕

次に読みたい

あわせて読みたい