メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さらば三江線

~廃線を前に/中 繰り返された水害との闘い 国鉄時代の歴史縮図 /広島

江の川を渡るJR三江線の列車=広島県三次市粟屋町の尾関山-粟屋間で、岡本幸信撮影

 江の川の流れに沿って走るJR三江線は、周辺の豊かな自然を楽しめる鉄道としても親しまれてきた。車窓からは春は朝霧、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪と季節ごとに違った景色が広がる。三江線を始め中国山地のローカル鉄道を撮影する西区の山岡亮治さん(47)は、「江の川の流れと中国山地が織りなす四季の彩りが三江線の魅力」と強調する。

 長谷駅(三次市)もその魅力が味わえる場所の一つだ。周囲には集落などがなく、山と川が目の前にあるだけ…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文862文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです