メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダイガク走る

学生、教員地域と共に 九国大、防災リーダー育成 地域貢献と社会経験 /福岡

救急隊員による講習では心臓マッサージの際の姿勢など細かな指導を受けた

 九州国際大(八幡東区)は昨秋、地域の防災力強化に貢献する学生を育てる「地域防災リーダー育成プロジェクト」を始めた。防災を通じて地域との結び付きを深めると共に、学生に社会経験を積ませるのが目的。全国的な災害の多発で注目を集める「防災士」の資格を取得した後、住民と一緒に活動する。学生は「学んだことを生かし、地域に貢献したい」と意気込む。

 「正常に呼吸しているか確認する」「両手を組んで、肘を曲げずに胸の真上から押す」

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文942文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです