メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北首脳会談

来月27日 非核化が焦点

板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で閣僚会談を前に握手する韓国の趙明均統一相(左)と北朝鮮の祖国平和統一委員会の李善権委員長=2018年3月29日、ロイター

 【ソウル渋江千春】韓国と北朝鮮は29日、閣僚級会談を開き、文在寅(ムンジェイン)大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の首脳会談を4月27日に板門店(パンムンジョム)の韓国側施設「平和の家」で開くことで合意した。会談終了後、共同報道文が発表された。首脳会談に向けた儀典や警備、報道などに関する実務会談を4月4日に板門店で開くことも決めた。

 閣僚級会談は南北の軍事境界線上にある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」であり、韓国側は趙明均(チョミョンギュン)統一相が、北朝鮮側は対韓国窓口機関・祖国平和統一委員会の李善権(リソングォン)委員長が、それぞれ首席代表を務めた。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. ORICON NEWS いらすとや、2月からサイトを不定期更新に 9年間「毎日サイトを更新」に労いの声

  3. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  4. コロナ感染した遺体が増加 変死など警察取り扱い数、12月上回る

  5. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです