メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/16 中国市場、提携で大勝負

 2013年10月、東京・赤坂の中華料理店で、伊藤忠商事社長の岡藤正広(68)は、タイ最大の華僑系企業集団「チャロン・ポカパン」(CP)上級会長の謝国民(78)と上級副会長の楊小平(54)に向き合っていた。「伊藤忠の筆頭株主にならせてください」と切り出した楊に、岡藤は「やるなら(株式の)持ち合いだ」と返し、資本・業務提携に向けて動き出した。

 謝の右腕的存在の楊は、更に大きな構想を描いて次の動きに出る。中国最大のコングロマリット(複合企業)…

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1161文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

  4. 織田信成さんが関大コーチを提訴「悪弊へ一石投じる思い」

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです