メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

自民党改憲案

 学校法人「森友学園」問題で安倍晋三政権への世論の風当たりが強まる中、自民党は憲法改正案をまとめた。9条は第1項の「戦争放棄」と第2項の「戦力不保持・交戦権否認」を維持する一方、安倍首相の意向に沿い自衛隊を明記した。疑惑の真相究明や山積する政治課題を脇に置く形で、このまま改憲に突き進んでしまってよいのか。

この記事は有料記事です。

残り4190文字(全文4343文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです