メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米フェイスブック

個人情報流出 影響でIT株急落 広告ビジネス揺らぐ

米主要IT企業の今月の株価変動

 【ワシントン清水憲司】米フェイスブック(FB)の個人情報流出をきっかけに、米IT企業の株価が大きく下落している。利用者離れが進めば、個人情報の集積をテコにしたネット広告ビジネスが揺らぎかねず、規制の動きも強まりつつあるためだ。28日にはトランプ米大統領が米アマゾン・コムに対する課税強化を検討中との報道が加わり、さらなる重しになった。

 FBの株価は今月に入り14%も下落し、グーグルの親会社アルファベットも9%の値下がりとなった。両社は個々の利用者の関心に沿った広告を配信するネット広告の「2強」で、主要収益源にする。グーグルが検索やアプリの利用などを通じ、利用者の関心を推測するのに対し、フェイスブックは利用者が登録した個人情報や、何に「いいね」と反応したかの傾向をもとに、関心をより正確に把握した広告に強みがある。

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1302文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです