メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライトハイザー米通商代表

「米中対立、長く続く」

ライトハイザー米通商代表=2017年9月、清水憲司撮影

 【ワシントン清水憲司】米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は28日、鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限や知的財産権侵害に対する制裁措置をめぐり、緊張が高まる中国との通商関係について「困難が何年も続いた後、良好な関係にたどり着く可能性はある。現在はそのスタート地点だ」と述べ、対立関係が長く続くとの見通しを示した。米CNBCテレビのインタビューに答えた。

 中国による知的財産権侵害や米企業への技術移転の強要について「技術にこそ米国の競争力と未来がある」と…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです