メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

距離の感覚、仕事の設計=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 宮城県気仙沼市では、昨年5月に災害公営住宅が全戸完成した。マンションのようなつくりの建物だ。プレハブ仮設住宅での暮らしが長く続いた人たちの中には、公営住宅に移りほっとしたという人も多い。住まいが定まり、本腰を入れて新しい暮らしを組み立て始める人もいる。

 先日編み手の一人が、自身の住む災害公営住宅で話題になっていることについて教えてくれた。今度その公営住宅の目の前にホテルができるので「あそこで人の募集するべか」と、年配の住人がみなそのホテルでの仕事を狙っているのだという。少なからぬ人が興味を持っているため高倍率になるかもしれない、とのことだった。たしかに、収入を得るために…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  4. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  5. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです