放送制度改革案

民放トップから批判 「公共性」配慮なく

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 政府が検討している放送制度改革案を巡り、民放テレビ各局のトップらから反対の声が相次いで出ている。政治的公平性などを定めた放送法4条などを撤廃し、放送と通信のルールを一本化する内容に「民放の解体につながる」などと危機感を口にした。

 「これまで積み重ねてきたものを無しにしてしまう議論はいささか乱暴だ」。テレビ東京の小孫茂社長は29日の定例記者会見で改革案へ…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

あわせて読みたい

ニュース特集