メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

放送制度改革案

民放トップから批判 「公共性」配慮なく

 政府が検討している放送制度改革案を巡り、民放テレビ各局のトップらから反対の声が相次いで出ている。政治的公平性などを定めた放送法4条などを撤廃し、放送と通信のルールを一本化する内容に「民放の解体につながる」などと危機感を口にした。

 「これまで積み重ねてきたものを無しにしてしまう議論はいささか乱暴だ」。テレビ東京の小孫茂社長は29日の定例記者会見で改革案へ…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです