遠隔診療

初診は禁止 患者の要望で実施 厚労省指針、自治体通知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は29日、スマートフォンなどを使って遠隔地の患者を診察するオンライン診療について、医師向けの指針をまとめた。生活習慣病の定期的な診察での活用を推奨して普及を図る一方、初診は原則禁止するなど一定の歯止めをかけた。30日に自治体に通知する。

 オンライン診療をした医療機関は4月から再診料に相当するオンライン診療料を請求できる。これを前にオンライン診療のあり方を指針として示した。

 指針は、研究目的など医師の都合ではなく、患者側の要望に応じて実施することを明記。診察の頻度や急変時の対応方針などを診療計画にまとめ、医師と患者とで合意することとした。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文620文字)

あわせて読みたい

注目の特集