連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

「不当な勧誘」認定対象拡大 消費者契約法、改正案

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 過度に不安をあおられたり、好意につけ込まれたりして結んだ契約は取り消せる--。消費者契約法の改正案が今国会に提出され、来月にも審議が始まる。改正案のポイントや課題をまとめた。

 消費者契約法は、悪質な勧誘や不当な契約から消費者を守るための民事ルールを定めた法律。商品に関してうそをつくなど業者側に「不当な勧誘行為」があった場合、意思表示をすれば、契約から最長で5年間は取り消すことができる。改正案は、この「不当な勧誘」の対象を広げる。実際にあった相談事例を参考に、どんなケースが当てはまるのか見てみよう。

この記事は有料記事です。

残り1786文字(全文2038文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集