特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

きょうの見どころ 第8日

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

 (左が一塁側、都道府県名の下は2回戦の試合結果)

 ○…3回戦…○

 ▽第1試合(9時)

日本航空石川 - 明徳義塾

(石川)     (高知)

10-0     7-5

膳所       中央学院

 明徳義塾は初戦を4番・谷合の3ランで逆転サヨナラ勝ちし、勢いに乗る。完投した右横手のエース・市川も中4日と休養十分だ。日本航空石川も初戦で2桁安打を放ち、打線活発。4安打と振れている3番・原田が鍵を握りそうだ。

 ▽第2試合(11時半)

国学院栃木 - 智弁和歌山

(栃木)    (和歌山)

9-5     4-2

延岡学園    富山商

 智弁和歌山の打線と国学院栃木の投手陣の対決。智弁和歌山は初戦で無安打だった3番・林に当たりが出れば、得点力が増す。国学院栃木は2試合続けて3人の継投。計7回無失点と好調な3番手・宮にいい形でつなげられるか。

 ▽第3試合(14時)

智弁学園 - 創成館

(奈良)   (長崎)

5-3    3-1

日大山形   下関国際

 創成館は初戦で峯、藤の1、2番の出塁を全得点につなげて先行逃げ切り。左の川原、七俵、右の伊藤、戸田と投手陣も層が厚い。智弁学園は初戦で1~5番が計8安打を放ち、チーム全5打点を挙げて逆転勝ち。好機で上位に回したい。

次に読みたい

あわせて読みたい