メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 子供の声が灯ともす 飯舘の小中学校、来月から地元で再開

通学予定者、事故前の14% 教育費、塾も無料に

 東京電力福島第1原発事故後、避難先で授業を続けてきた福島県内5町村の小中学校が4月、地元で7年ぶりに再開する。29日には、村外にある飯舘村の仮設小中学校で閉校式が行われた。1年前に避難指示が一部を除いて解かれたものの、解除地域の居住率は1割程度で、半数以上は高齢者。村は子育て世代を呼び込もうと、教育費を無償にしたりスポーツ施設を整備したりして地域の存続に希望をかけている。【宮崎稔樹】

 「6年間、この仮設校舎に守られ、育ててもらいました。ありがとう」。同県川俣町にある村立の3小学校の…

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1308文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです