メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

スマホ密輸84億円 ドローンでワイヤ張り巻き取り

ドローンの動き

 【上海・林哲平】中国広東省深センの税関当局などは29日までに、ドローン(小型無人機)を使って中国大陸と香港の境界を越えてワイヤを張り、大量のスマートフォンを密輸したとして、中国人ら26人を拘束したと発表した。密輸額は5億元(約84億円)にのぼる。新技術を使った忍者のような手口に、驚きの声が上がっている。

 中国メディアによると、容疑者らは2017年後半、深夜から早朝5時ごろにかけ、深セン市羅湖区の高層マンションの部屋からドローンを飛ばして、数十メートル離れた香港の小屋との間を2本のワイヤでつないだ。米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」など約10台を入れた袋を香港側でワイヤにくくりつけ、深セン側に設置した巻き取り機でワイヤごとたぐり寄せる方法で、スマホを回収していたなどの疑い。スマホは数十秒で深セン側に届き、一晩で最大1万5000台が運べたという。

現場の地図

 中国は世界有数のドローン開発・製造大国で、17年には290万台を生産。離島への宅配便など広く活用されている。密輸事件について、中国のインターネット上では「科学技術は生活も犯罪も変えるのか」などの書き込みが相次いだ。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  2. 米軍機 超低空訓練 岩手の住宅地 サイトに動画投稿
  3. ORICON NEWS メカゴジラとガンダムが夢の対決 『レディ・プレイヤー1』映像公開
  4. セブン-イレブン・ジャパン 5500店で電力会社変更
  5. 希望・民進 四分五裂 新党は不参加続出、立憲派も根強く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]