特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

選抜高校野球

7年ぶり智弁和歌山8強 エース平田が完投

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【国学院栃木-智弁和歌山】一回裏智弁和歌山無死一、二塁、林が2点三塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月30日、森園道子撮影 拡大
【国学院栃木-智弁和歌山】一回裏智弁和歌山無死一、二塁、林が2点三塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月30日、森園道子撮影

 第90回記念選抜高校野球大会第8日の30日は3回戦3試合。第2試合は、国学院栃木(栃木)と智弁和歌山(和歌山)が対戦。初回に4点を先制した智弁和歌山が、得点を重ねて国学院栃木に快勝、準々決勝へコマを進めた。智弁和歌山は、エース平田の完投で83回大会以来7年ぶりの8強進出。

 ○智弁和歌山(和歌山)7-4国学院栃木(栃木)●

 智弁和歌山が序盤の大量点で主導権を握り、逃げ切った。一回に林の2点適時三塁打と敵失で4点を先取。二回は西川の適時打、三回は神先の適時打でそれぞれ加点した。エース平田は4失点完投。国学院栃木は先発・水沢が2回5失点と踏ん張れず。八回に近藤の適時打と毛塚の適時三塁打で3点を返したが、反撃も遅かった。

 智弁和歌山・高嶋仁監督 (8強入りに)喜ばないといけないね。(先発・平田は)コントロールが良く、辛抱強く投げた。最後まで行くと自分で言った。

 国学院栃木・柄目直人監督 (一回に悪送球で追加点を与え)守りが崩れたのが大きかった。(打線は)初球からもっとチャレンジしてほしかった。

次に読みたい

あわせて読みたい