メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

救済法案提出「来年に」 議連会長が目標

 旧優生保護法(1948~96年)下で強制的な不妊手術を受けさせられた障害者らの救済を目指す超党派議員連盟会長の尾辻秀久元厚生労働相(自民)は29日、議員立法による救済法整備は来年の通常国会が目標になるとの考えを示した。27日に発足した与党ワーキングチーム(WT)と立法の必要性では一致しているとした上で「どんな資料が残っているか(の確認)がやっと始まった。時間はかかると思う」と述べた。議連会合後の取材に答えた。

 尾辻会長は、会合のあいさつで、与党WTの動きに触れ「できれば来年の通常国会で法律を作りたいと言って…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです