メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

救済法案提出「来年に」 議連会長が目標

 旧優生保護法(1948~96年)下で強制的な不妊手術を受けさせられた障害者らの救済を目指す超党派議員連盟会長の尾辻秀久元厚生労働相(自民)は29日、議員立法による救済法整備は来年の通常国会が目標になるとの考えを示した。27日に発足した与党ワーキングチーム(WT)と立法の必要性では一致しているとした上で「どんな資料が残っているか(の確認)がやっと始まった。時間はかかると思う」と述べた。議連会合後の取材に答えた。

 尾辻会長は、会合のあいさつで、与党WTの動きに触れ「できれば来年の通常国会で法律を作りたいと言って…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです