メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友問題

首相夫妻の道義的責任問う声 出身派閥から

自民党の西田昌司参院国対委員長代行

 森友学園への国有地売却問題や文書改ざん問題を巡り、安倍晋三首相の出身派閥の細田派から首相夫妻の道義的責任を問う声が上がった。西田昌司参院国対委員長代行が29日の派閥会合で発言した。

 出席者によると西田氏は、佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問で首相夫妻の関与がないと明らかになったと前置きした上で、「国民…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文308文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  2. 米軍機 超低空訓練 岩手の住宅地 サイトに動画投稿
  3. ORICON NEWS メカゴジラとガンダムが夢の対決 『レディ・プレイヤー1』映像公開
  4. セブン-イレブン・ジャパン 5500店で電力会社変更
  5. 希望・民進 四分五裂 新党は不参加続出、立憲派も根強く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]