メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経産省

「50年に再生エネ主力」 有識者会議の提言素案

 2050年に向けた国の長期的なエネルギー戦略を議論している経済産業省の有識者会議の提言の素案が29日、判明した。太陽光や風力発電などの再生可能エネルギーを「主力電源」と位置付ける一方、原発は温室効果ガス削減のための「選択肢」とし、依存度を下げつつ温存する方針を示した。

 有識者会議は「エネルギー情勢懇談会」。地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」で、日本は50年に温室効果ガスを8割削減する目標を掲げている。懇談会はこの目標達成に向けた長期戦略を議論し…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長崎・佐世保の小6同級生殺害 「大丈夫」は大丈夫じゃない 妹を殺された兄、川崎医療福祉大で講演 /岡山

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 講演 被害者は家族にも話せぬことある 佐世保・小6同級生殺害事件を取材、毎日新聞・川名記者 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです