メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

ロヒンギャ帰還に遅れ 具体的な動きは見えず

コックスバザールの避難民キャンプで水をくみに来たロヒンギャの人々=バングラデシュで2018年3月21日、ロイター

 ミャンマー西部ラカイン州からバングラデシュへ逃れた少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の帰還が遅れている。両国政府が設定した期日から2カ月以上過ぎたが、具体的な動きは見えない。避難民は身の安全を危ぶみ、国連幹部は長期化に言及する。ミャンマーでアウンサンスーチー国家顧問兼外相が主導する政権が発足して30日で2年。ロヒンギャ問題への国際社会の懸念は絶えない。【金子淳、バンコク西脇真一】

 ミャンマーとバングラデシュは昨年11月、ラカイン州での居住が確認できたロヒンギャを帰還させることで…

この記事は有料記事です。

残り941文字(全文1182文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです