メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

「CHIKAN」は国際語に? 改めて考える性暴力

英国政府が日本への渡航者に向けて出している安全情報

 「CHIKAN(痴漢)」が、「KAROSHI(過労死)」などに続いて日本発の不名誉な国際語になるのだろうか。英国やカナダでは日本への渡航者に向けた安全情報で痴漢についての注意を呼びかけている。フランスでは昨年秋、日本人女性の被害体験小説が発売され、話題となった。痴漢という深刻な性暴力を改めて考える。【中村かさね/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2501文字(全文2672文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  4. 吉本・岡本社長 22日に会見 宮迫さんらの会見受け
  5. 参院選投票日にあたっての各党の声明 全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです