特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

選抜高校野球

星稜捕手の山瀬「振ったらいい所に飛んだ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【富島-星稜】四回裏星稜2死二、三塁、山瀬が左越え2点適時二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月29日、久保玲撮影 拡大
【富島-星稜】四回裏星稜2死二、三塁、山瀬が左越え2点適時二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月29日、久保玲撮影

 ○星稜(石川)11-2富島(宮崎)●

 星稜の2年生捕手・山瀬が小学生時代からバッテリーを組む奥川をバットで助けた。大量7点を奪った三回は3点リードの1死一塁で高めのボール球の直球をたたいて、左中間へ適時二塁打。もっとも、本人は「(ランエンドヒットのサインで)ボール球なので、本当は振ったらいけなかったが、手が出てしまった」と反省しきり。それでも、四回も左越え2点適時二塁打を放ち、計2安打3打点。「振ったらいい所に飛んでくれた」と納得顔だった。

次に読みたい

あわせて読みたい