米テスラ

男性死亡事故 事故時は半自動運転

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン清水憲司】米電気自動車メーカーのテスラは30日、米西部カリフォルニア州で発生した死亡事故を巡り、事故当時、事故車に搭載された半自動運転機能が作動していたと発表した。18日には、公道で試験走行中だった米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転車の死亡事故が発生しており、自動運転技術の安全性に対する懸念が一段と高まりそうだ。

 テスラによると、事故は23日午前9時半ごろに発生。半自動運転機能が作動中だったのは、事故車に残された記録を分析して判明した。事故の6秒前、運転席の男性(38)がハンドルを握っていないことを知らせる警告音が出たが、その後も何の操作も行われずに中央分離帯に衝突。男性は死亡した。

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文444文字)

あわせて読みたい

注目の特集