メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県人口

2045年、3分の2に 65歳以上47%、少子高齢化が加速 今別では7割減 国立研推計 /青森

 国立社会保障・人口問題研究所が公表した「日本の地域別将来推計人口」で、2045年の県人口が15年より約48万人減って約82万人になるとの推計が出た。15年と比べると3分の2以下になる計算で、減少率は秋田県に次いで2番目に高い。今別町では7割の人口が減る見通し。県全体では65歳以上の割合が約47%、14歳以下は約8%になる見通しで、少子高齢化はさらに加速しそうだ。【一宮俊介】

 30日に公表された推計によると、15年に約131万人だった県人口は、今から17年後の35年には10…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1113文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです