メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

遠藤智・広野町長 双葉郡の復興支える 帰還後の生活再建に重点 /福島

ふたば未来学園高校は今春、初の卒業生を送り出した=広野町下浅見川で

 --復興の進捗(しんちょく)は。

 8割程度。インフラ整備により生活環境が着実に回復し、町民の83%が帰町して活気が戻りつつある。この7年は古里を守るための戦いの連続で、一日一日が重かった。

 --この1年で力点を置いたことは。

 昨年3月末で仮設住宅の供用が終わり、町に戻るための施策から、帰還後の生活再建に重点が移った。核になるのが医療福祉。インターネット募金で、救急受け入れや休日診療をする町内の医療機関への補助制度を設けた。震災前に比べ高齢者や要介護者が増えており、外出支援やデイサービスの拡充に取り組んでいる。医療費減免や高速道路無料措置などの負担軽減策も、生活が落ち着くまでは必要だ。

この記事は有料記事です。

残り1066文字(全文1362文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです