アスベスト

中皮腫死亡、遺族が賠償求め国提訴 高岡の工場で石綿被害 地裁 /富山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 国がアスベスト(石綿)対策を怠ったため中皮腫にかかり死亡したとして、高岡市の建材メーカー「ホクセイアルミニウム」(現LIXIL)の工場で働いていた射水市の男性の遺族が30日、慰謝料など計1430万円の支払いを求める国家賠償訴訟を富山地裁に起こした。

 訴えによると、男性は1965~72年に同工場で勤務していた際、下請け会社による石綿の吹きつけ作業で石綿粉じんにさらさ…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

あわせて読みたい

ニュース特集