メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア女性

2人が国家試験に合格 看護師と介護福祉士候補生で研修 富士見 /長野

矢沢正信統括院長(右)と談笑するサリさん(左)、サルティカさん(中央)=富士見町落合の富士見高原病院で

 経済連携協定(EPA)に基づき来日し、富士見町のJA長野厚生連・富士見高原医療福祉センターで看護師と介護福祉士の候補生として研修していたインドネシア出身女性2人が、2017年度国家試験に合格した。29日、記者会見し「働きながら勉強するのは大変だった」と振り返りながら喜びを語った。

 共に母国の看護大学を卒業。看護師として勤務後、2014年6月に来日した。看護師試験に合格したニディヤ・トリ・サルティカさん(29)は、富士見高原病院で病棟看護助手として勤務し4回目…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  4. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  5. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです