メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市再生機構

西武跡地を取得 都市空間形成に必要 沼津 /静岡

都市再生機構が取得した旧西武沼津店本館跡地。奥がJR沼津駅=沼津市大手町で

 沼津市は、JR沼津駅南口の旧西武沼津店本館跡地831平方メートルを都市再生機構(UR)が取得したと発表した。中心市街地の魅力的な都市空間の形成のために必要だとして、市がURに土地取得を要請していた。

 西武沼津店は2013年に閉店。建物は解体され、土地を所有していた「伊豆箱根鉄道」(三島市)は、昨年10月20日に不動産開発業「ヨシコン」(静岡市)に売却。ヨシコンは跡地単独での再開発を検討していた。

 一方、中心市街地のまちづくりを検討していた沼津市まちづくり戦略会議は「公共空間の再編や周辺の老朽化建物の機能更新など、一体的な整備が必要」と議論していた。このため、市はURに土地の取得を要請。今月20日にヨシコンからURへの土地の譲渡が完了した。売却額は明らかにされていない。

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  2. 鍵をかけていても… 北関東でトラクターの窃盗多発 転売目的か

  3. デジタル庁採用、倍率47倍 民間人材枠、30人先行募集に

  4. 共産都議団が今夏の東京オリンピック中止を申し入れ 「コロナ対策集中を」

  5. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです