メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2045年推計人口

社会保障、地方で切迫

都道府県の将来推計人口

 東京への人口流入が加速する一方、地方は人口急減と高齢化が同時に襲いかかってくる--。国立社会保障・人口問題研究所が30日公表した地域別将来推計人口は、そんな2045年の姿を示した。高齢化は今後、ピッチを上げる。だが、推計人口の示す2040年代を見据えた社会保障に関する議論は遅れている。

需要増、担い手は減

 民間シンクタンク「NIRA総合研究開発機構」はこのほど、41年度までの社会保障給付費の見通しを発表した。医療費と介護費は16年度の計47・2兆円から41年度には計96・7兆円に膨れあがる。担当者は「25年以降は団塊世代が80代にさしかかる。介護や医療が必要になる時期で重要な局面だ」と指摘する。

 だが、政府が社会保障に関して描いているのは「税と社会保障の一体改革」で示した25年まで。それ以降に…

この記事は有料記事です。

残り1404文字(全文1755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです