メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー

日本の大学教育の現状 立命館アジア太平洋大学(APU)学長・出口治明氏

出口治明氏=森忠彦撮影

 新学期がスタートする。今年1月、長らく勤めた保険業界から転身を遂げ、立命館アジア太平洋大学(APU)の学長に就任した出口治明さん(69)。異色の経歴を持つ新学長の目に、日本の大学を取り巻く教育界の現状はどう映っているのだろうか。【森忠彦】

「工場モデル」から脱却を

--就任してから3カ月になります。APUはどんな大学ですか。

 いろいろな意味で「ダイバーシティー(多様性)」にあふれた大学です。2017年度の学生数は約6000…

この記事は有料記事です。

残り2114文字(全文2326文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  4. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです