メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/237 第6章 45=高村薫 田中和枝・挿画監修

 週の半ば、特命班の長谷川からあらためてその後の展開を聞いたとき、合田もまた事件が動くかもしれないという微(かす)かな予感をもったが、それ以上に浅井忍や佐倉真弓の現況に危うさを感じたものだった。それは特命班も同様で、浅井の行動は予測がつかないから重々気をつけるよう真弓に念を押したものの、真弓はSNSでの少女A関連の投稿の共有を通して、玉置悠一とフェイスブックでメッセージを交わす関係になっており、夫や姑(しゅうとめ)も違和感を隠せないでいるらしい。しかもその玉置は、エリート広告マンの顔とは別に、過激な性的幻想を売りにするウェブアーティストの顔をもっており、実害はないにしても、間違いなく18禁の世界の住人ではある。

 とまれ二○○五年の十二月半ば、すなわち事件の十日ほど前にあの多磨町の栂野家の前に現れたという玉置悠…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文974文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
  4. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  5. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]