メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

産官学共同事業体

発足 スポーツとビジネスを橋渡し

 情報通信技術(ICT)や人工知能(AI)などを活用し、スポーツ関連の新たなビジネスやサービスの創出を目指す産官学共同事業体「スポーツテック&ビジネスラボ」が30日、発足した。

 同事業体はNTTデータ経営研究所と早稲田大学スポーツビジネス研究所の呼び掛けで設立。毎日新聞社など28企業・団体が参加し、東京都内で設立総会を開いた。

 近年は、身につけるウエアラブル端末で心拍数などのデータを収集し運動選手の健康管理に応用するなど、スポーツ分野でICTの活用が進んでいる。これまでスポーツと縁遠かった企業の参入も相次いでいるが、橋渡し役の不足が指摘されている。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです