メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外コービー・ブライアント氏墜落死 元NBAスター
ハリルジャパンの現在地

サッカー/上 監督と選手、不協和音

ベルギー遠征中の練習前の円陣で、サッカー日本代表の選手に向けて話をするハリルホジッチ監督

 サッカー日本代表は、ベルギー遠征でのマリ戦を1-1で引き分け、ウクライナ戦は1-2で敗れた。海外組も呼ぶフル代表では昨年10月のハイチ戦から5戦未勝利と苦しんでいる。6月開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会に向けたチームの現在地と課題を探る。

 27日のウクライナ戦を前にした記者会見でハリルホジッチ監督が突如切り出した。「少し(選手の)発言が多い。問題があれば、それはしっかり内部で解決するものだ」。23日のマリ戦の後に、監督批判ともとれる選手の発言が報道で流れた。それに反応した指揮官の言葉が、チーム内の混乱を際立たせた。

 日本代表は迷っている。攻撃で言えば、ハリルホジッチ監督は就任当初から、相手DFの裏を突く縦への速い…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

  4. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです