特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

第3試合の併殺で大会本部が説明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

 第3試合の智弁学園-創成館戦の九回1死満塁で、創成館の代打・埜川が遊撃へ小飛球を放ち、走者はノーバウンドで捕球したと判断し、それぞれ帰塁。しかし、鈴木隆行球審が「ノーキャッチ」(ダイレクトキャッチではない)と判定。遊撃手から本塁、さらに三塁へとボールが転送され、併殺でチェンジとなった。試合後、窪田哲之・日本高校野球連盟審判規則委員長は「遊撃前の打球で、球審が判定する範囲なので問題ない。球審が(ノーキャッチと)手を広げたので分かると思う。創成館から確認があったので、(審判で)確認して場内放送した」と説明した。

関連記事

あわせて読みたい